PLAID Engineer Blog

PLAID Engineer Blog


KARTEを提供する株式会社プレイドのエンジニアブログです。プレイドのエンジニアのユニークなパーソナリティを知ってもらうため、エンジニアメンバーたちが各々執筆しています。

PLAID Engineer Blog

DeNA、Googleと共同でGCP勉強会を開催しました!

Jumpei IkegamiJumpei Ikegami

こんにちは、PLAIDのエンジニアのgamiです。趣味はポッドキャスト配信です。

さて、先日2019/6/10(月)に、縁あってDeNAさん、Google Cloud Japanさんと共同でクローズドなGCP勉強会を開催しました。

PLAIDではリアルタイムユーザー解析サービス「KARTE」の開発や提供に、GCPの各種サービスをヘビーに使っています。今回の勉強会では、同じく様々な事業でGCPを早くから採用してきたDeNAさんと、有意義なディスカッションをすることができました。

この記事では、そんなGCP勉強会の様子をご紹介します。

乾杯から始まる勉強会

クローズドでカジュアルな勉強会ということで、集まっていきなり乾杯をしました。PLAIDの人工芝での開催なので、野外フェス感があります。

001-1

司会は、PLAIDのエンジニア採用担当のmattyが務めました。笑顔が渋い。

002

各社からのLT

次に、PLAID、DeNA、Googleの3社それぞれから、LTがありました。

PLAID

PLAIDからは、CTOの牧野からKARTEの紹介やGCPを使うことで得られるメリットなどについて話しました。

  • KARTEでは、BigtableやBigQueryを中心にGCPの導入が進み、最近はDataflow、Cloud Spannerなど使うサービスの種類も増えている
  • 扱うデータ量が膨大になっており、BigQueryでのStreaming Insertで1PB/monthほど
  • 解析数やデータ量が増えてもコストはそこまで増えていないという点で、GCPの恩恵を受けている

参考記事:

003

DeNA

DeNAの菅原さんからは、DeNA San FranciscoでGCPに出会ってから、DeNA内でGCPの利用が広がっていった歴史についてお話しいただきました。

  • Mobage WestでGoogle App Engine Javaを利用し、Auto Scaleによる安定運用を実現できた
  • 2016年頃から、日本のDeNAでもAndAppなどでGCPの利用を本格的に開始
  • 現在では様々な事業で GCP は活用されており、『逆転オセロニア』や自社のAI学習基盤などのAI分野でもGCP活用の幅が広がっている

参考記事:

004

Google Cloud Japan

Google Cloud Japanの白川さんは、以前AWSでも働いていたことがあるとのことで、Amazon(AWS)とGoogle(GCP)を比較するというエッジの効いたトークをしていただきました。

  • AWSは2006年にリリースされたS3から、GCPは2008年にリリースされたGAEから始まっている
  • Amazonの組織は一般にメンバーがセクションで明確に分かれているが、Googleはチームを超えて色々な人がつながっている

005-1

懇親会

LTの後は、セミナースペースでお酒や食事を囲んで技術の話に花を咲かせました。

006

007

008

009

010

最後は集合写真!

懇親会の最後は、参加者みんなで集合写真を撮りました。

011

普段、PLAIDのエンジニア同士で話すときはKARTEのアーキテクチャなどを暗黙の前提にしていることが多いです。今回は、全く違うサービスやアプリケーションを開発しているDeNAのエンジニアのみなさんと話すことで、かなり刺激を得ることができました。

このような技術交流の機会を定期的に持つことで、凝り固まった頭をほぐすことができてとても良いと思うので、ぜひまた開催したいです!

以上、GCP勉強会のイベントレポートでした。

なお、DeNAさん側でもこちらのイベントのレポートが公開されていました。あわせてご覧ください!

DeNA x PLAID x Google Cloud 交流会を実施しました! - Technology of DeNA


リアルタイムユーザー解析プラットフォームの「KARTE」を運営するプレイドでは、KARTEを使ってこんなアプリケーションが作りたい! KARTE自体の開発に興味がある!というエンジニア(インターンも!)を募集しています。

詳しくは弊社採用ページまたはWantedlyをご覧ください。 もしくはお気軽に、下記の「話を聞きに行きたい」ボタンを押してください!

Comments