PLAID Engineer Blog

PLAID Engineer Blog


KARTEを提供する株式会社プレイドのエンジニアブログです。プレイドのエンジニアのユニークなパーソナリティを知ってもらうため、エンジニアメンバーたちが各々執筆しています。

PLAID Engineer Blog

PLAID Engineer Blog

KARTEを提供する株式会社プレイドのエンジニアブログです。プレイドのエンジニアのユニークなパーソナリティを知ってもらうため、エンジニアメンバーたちが各々執筆しています。

Google Cloud Japan Blog で Anthos clusters on AWS を活用した事例が紹介されました

エンジニアの大矢です。 本日、Google Cloud Japan Blog で「Anthos clusters on AWS を活用し、マルチクラウドでもGKE 由来の高度なマネージド環境を享受」というタイトルで弊社の事例が紹介されました。 私たちがどのような背景でマルチクラウド構成を採用するに至ったか、どのような狙いで Anthos clusters on AWS を導入したかについて書かれていますので、ぜひ読んでみてください。また、細かいアーキテクチャの変遷について気になった方はこちらの記事にある動画も合わせて見ていただけると幸いです。 この記事ではもう少し細かく、実際どう運用しているかや注意するポイントなどを書いています。 Anthos clusters…

Kosuke OyaKosuke Oya

GKE Autopilotで作るMLリアルタイム推論基盤

こんにちは!エンジニアの@tik-son, @ikemonnとMLエンジニアの@nichimuです。 本日ついに待望のGKE Autopilotがリリースされましたね! この記事では、GKE Autopilot上で動いているリアルタイム推論基盤でなぜ我々がGKE Autopilotを利用することにしたのかについてお話しします。 MLリアルタイム推論基盤とは リアルタイム推論基盤とは、機械学習のモデルを使用して、リアルタイムに推論が行える基盤のことです。 このリアルタイム推論基盤を用いることで、 エンドユーザーがsession内で電話するかを予測する エンドユーザーが会員登録を行ったsession内で資料請求をするか予測する のように数秒-数分後にエンドユーザーが…

Yuta NishimuraYuta Nishimura

PLAID流プロダクト改善術をお見せします!

PLAIDでエンジニアをしている@kantetsuです。 現在はKARTEのユーザーを知る画面のリニューアルや改善を主に行なっています👨‍💻 PLAIDでは、ここ数年デザイナーとエンジニアが一緒のチームとなり、デザイナーも機能公開に携わるようになって、機能を公開するプロセスが仕組み化されてきました🤖 例えば、シナリオテストやユーザビリティテストもここ最近では定着してきました(以前に書いたKARTEのアンケートフォーム(β版)公開までの道のりでも一部触れています)。 このような王道のテストをやりつつも、実は機能を公開するまでの手順でKARTEや社内ツールを用いたユニークな改善方法があるので、今回この場を借りて共有したいと思い、執筆しました✍️ KARTEとはどのような…

kantetsukantetsu

User State Driven System with Amazon EventBridge & KARTE について話してきました

みなさんごきげんよう、Engineerの @tik-son です。 2020-10-28に開催された"ビジネスにアジリティーをもたらす「SaaS + サーバーレス」"というイベントに ”User State Driven System with Amazon EventBridge & KARTE" というテーマで登壇してきました。 PLAIDは2020年1月ごろからEventBridgeのSaaS Partnerであり、KARTEのActionの一つとしてEventBridgeが選択できます。 今回のセミナーではEventBridgeを活用したUser State Driven Systemということで、3つの連携例などについてお話しました。 ユーザの状態に応…

Naohiko TakemuraNaohiko Takemura

社内でフロントエンドのパフォーマンスチューニングコンテストを開催した

フロントエンド/Node.js エンジニアの mizchi です。plaid では新しい分析エンジンのフロントエンド側の技術的な仕様を考えたり、それを実装したりしています。趣味として社内の他のプロダクトのパフォーマンスを勝手に測って、貼り付けていくこともあります。 plaid のエンジニア組織には「組」という制度があって、メインとなるプロダクト以外にも、そのテーマで会社横断で活動するグループがあり、最低一つ所属することが奨励されています。例えばセキュリティ組、バグトリアージ組、Tech 勉強会組などがあります。 最近になって パフォーマンス組を新設しました。これは主にフロントエンドのパフォーマンスを調査して、各プロダクトにその改善を促すグループです。 plaid のフロン…

mizchimizchi