PLAID Engineer Blog

PLAID Engineer Blog


KARTEを提供する株式会社プレイドのエンジニアブログです。プレイドのエンジニアのユニークなパーソナリティを知ってもらうため、エンジニアメンバーたちが各々執筆しています。

PLAID Engineer Blog

開発合宿@金沢湯涌温泉で、目線を上げるための議論を2日間してきました!

Jumpei IkegamiJumpei Ikegami

おはようございます!プレイドのエンジニアの @jumpei_ikegami です。
趣味はポッドキャスト配信です。

さて、プレイドでは定期的に、開発チームで合宿に行っています。

現在は開発チームの規模としても、エンジニア約30人、デザイナー約10人と大きくなってきました。
そこで今回は、あえて普段の開発から離れた視点で、「プロダクト」や「事業」や「それらを作るための組織」について、各自が興味あるテーマに沿ってディスカッションをしました。

前回に引き続き、世にも珍しい(?)「開発をしない開発合宿」でした。

開発合宿では初の新幹線移動にはしゃぐメンバー

(過去の開発合宿のブログ記事は下記)

2016年:秋
PLAID Engineer Camp 2016 Autumn(開発合宿)に行ってきました!

2017年:春
山梨県河口湖に開発合宿へ行ってきました! | PLAID engineer blog

2018年:春
1泊2日ぶっ通しで議論する開発合宿をしに、館山に行ってきました!

いまだ雪残る金沢

目的

今回の合宿の目的は、「普段、話してないことを話す/議論する」でした。

開発チームでは、普段はリアルタイムユーザー解析サービス『KARTE』の開発をしています。日々の業務では、どうしても目先の開発タスクや短期的な売上の話に引っ張られがちです。プロダクトや事業を見る視点を変え、全体を俯瞰的な視座に立ってみたり、切り口を変えてみたりすることで、「自分たちが間違った方向に進んでいないか?」をチェックするいい機会になりました。

特に合宿という機会を議論の場として使うのは、以下の2点で良いと思います。

また、今回は温泉宿に泊まったのですが、思考を強制的にオフにする装置として、温泉は最高でした。

金沢湯涌温泉の「湯の出旅館」

議論したテーマ

「プロダクトに関連するトピックならなんでもあり」というゆるい枠の中で、参加メンバー各自が議論テーマ案を考えました。その案をホワイトボードに貼り出し、投票やメンバーの熱意の高さで、以下の6つに絞りました。

  1. BtoCのサービス
  2. 世界を獲る方法
  3. お金
  4. 心理的安全性/個人の成長と生産性
  5. データへの感情移入
  6. KARTEをディスラプトする破壊的イノベーション

それぞれの議論の内容について、表に出せる範囲でご紹介します。

溢れ出る法事感

BtoCのサービス

プレイドが開発しているメインのプロダクトであるKARTEは、BtoBサービスとして提供しています。そこで、もしプレイドがBtoCのサービスを作るとしたら何をするか、どんなメリットがあるか、などを話し合いました。

白熱する議論、減るお菓子

世界を獲る方法

KARTEのクライアントは、まだ日本の企業がほとんどです。そこで、もしプレイドが「世界を獲った」と言える状況になったとしたら、どのような手段によって実現できそうかをゼロベースで議論しました。

思ったより雪がない近隣

お金

プレイドのエンジニアは、普段の仕事では特に売上に対する直接の責任を追っているわけではありません。そこで、あえて「お金」という切り口でプロダクトや事業について考えました。

夕食(美味しい)

心理的安全性/個人の成長と生産性

プレイドでは「メンバーの創造力を信じる」という価値観を標榜し、「信じて任せる」という文化があります。しかし、その文化に甘えすぎてしまうと個人の成長や心理的安全性を最大化できないのではないか、という懸念も一方であります。その辺りのモヤモヤについて、議論しました。

朝食(美味しい)

データへの感情移入

プレイドやKARTEの大きなテーマは、「データを活用し人を徹底的に可視化すること」です。その過程で生まれた疑問である「データをどう集めてどう見せられたら、そのデータに感情移入できるようになるのか」について、議論しました。

議論に煮詰まって、近所で羽根つきをする様子

KARTEをディスラプトする破壊的イノベーション

KARTEは技術やプロダクトデザインの観点で一定のユニークさを維持しています。もし別のスタートアップが破壊的イノベーションを実現し、KARTEを追い越すような存在になるとしたら、どのような手段によってか。そんな妄想を膨らませ、議論しました。

金沢名物のどぐろ(とても美味しい)

まとめ

上記を見てもわかるように、思考を立脚させる点を遠くに飛ばして、暗黙の前提や固定観念を取っ払った議論ができたと思います。それも、地理的に金沢という東京から遠い場所に来たということが大きな理由になっている気がしました。

日々の業務に囚われて近視眼的になりがちですが、プロダクトの本質的な価値は何か、自分たちが何を目指しているのか、常に立ち返って開発上の意思決定をできるように、これからも定期的に長期目線の議論をしていきます。

約30人の開発メンバーで集合写真

最後に

CX(顧客体験)プラットフォーム「KARTE」を運営するプレイドでは、KARTEを使ってこんなアプリケーションが作りたい! KARTE自体の開発に興味がある!というエンジニアやインターンを募集しています。

詳しくは弊社採用ページまたはWantedlyをご覧ください。 もしくはお気軽に、下記の「話を聞きに行きたい」ボタンを押してください!

Comments