PLAID Engineer Blog

PLAID Engineer Blog


KARTEを提供する株式会社プレイドのエンジニアブログです。プレイドのエンジニアのユニークなパーソナリティを知ってもらうため、エンジニアメンバーたちが各々執筆しています。

PLAID Engineer Blog

PLAID Engineer Blog

KARTEを提供する株式会社プレイドのエンジニアブログです。プレイドのエンジニアのユニークなパーソナリティを知ってもらうため、エンジニアメンバーたちが各々執筆しています。

2020年のSlack App開発者が知るべき最新のSlack API仕様

こんにちは、プレイドのProduct Specialistのgami( @jumpei_ikegami )です。プレイドでは主にテクニカルサポートや外部連携の検証をしています。趣味はポッドキャストの配信です。 プレイドでは、KARTEというリアルタイムユーザー解析プラットフォームを提供しています。このたびKARTEでは、公式のSlack AppをSlack AppディレクトリにPublishしました! その過程で、Slack APIが2019年から今年にかけて大きく変化していることを知りました。せっかくなので、Slack Appを開発するエンジニアに向けて、Slack APIがどのように変化してきたのか、Slack App界隈がこれからどう変わっていくのか、簡単に紹…

Jumpei IkegamiJumpei Ikegami

Google Cloud Anthos DayでGKEのセキュリティ対策と運用について話してきました

こんにちは、エンジニアの @komukomo です。2020/01/30 に行われた Google Cloud Anthos Day に 「GKEにおけるセキュリティ対策と運用」というタイトルで登壇させていただいので、こちらのブログでもその内容を簡単にまとめておきます。(他の登壇者の方の資料も公式サイトにて公開されています) 我々が開発している KARTE ではユーザの行動データを扱っており、その中にはセンシティブなデータも含まれているので KARTE を開発する上ではセキュリティというのは重要なトピックです。ということで今回お話したのはセキュリティに関する内容で、直接プロダクトの KARTE とは関係ないのですが、 GKE でのセキュリティに関する考え方 と、個別機…

Yoshiyuki Komazaki

プレイドのインターンで学んだことと、入社を決めた理由

こんにちは。プレイドで2019年8月から現在までDevインターンとして働いている大矢です。2020年4月からは正社員として働く予定です。 この記事では、プレイドのインターンでどんなことをしたか、何を学んだか、そして入社を決めた理由について書いていきたいと思います。 はじめに 簡単に自己紹介をします。僕は大学では情報工学を専攻していて、自然言語処理の研究をしています。 2019年の8月からプレイドでインターンを始めて、週4日程度で通い、今月で約半年になります。 プレイドでインターンをする以前にも、他社のインターンでWebアプリの開発をしたり、自然言語処理の技術を使った開発をする機会は何度かありました。研究が落ち着いた頃、開発経験を積みたいと思いインターンを探していま…

Kosuke OyaKosuke Oya

Vue.jsに関するイベントをラクスルさんと共催しました!

エンジニアの池上です。 私の横着によってイベントから1ヶ月以上経ってしまいましたが、2019/12/11(水)に、ラクスルさんとの共同主催で「Vue.js for 2020」というイベントを開催しました! 【PLAID × ラクスル】Vue.js for 2020 - connpass 会場はプレイドのオフィスを使い、LTや、スポンサーブース、懇親会など盛りだくさんの内容でした。 イベントの詳細については下記のイベントページからご覧いただけますが、takepepeさんによるvue-guardianの実装に関する30分間のセッションがあったり、スポンサー企業を主催2社も含めて6社取ってブースを設けてもらったり、お祭り感のあるイベントになりました。 運営自ら…

Jumpei IkegamiJumpei Ikegami

Self Contained Systemsの紹介

Microservicesは面白い。ほとんどすべて必要なことはそこに書かれているように思う(言い過ぎ)。https://martinfowler.com/articles/microservices.html 訳 http://kimitok.hateblo.jp/entry/2014/11/09/211820 "適切に" 分離し、"適切に" それらの間の依存さえ解決出来れば、コンポーネントを個別で管理し運用し、進化させ続けることが出来る。開発チームは自分達の関心範囲が明確になり、集中しビジネスレベルで責任を持つことさえできる。 ただし、多分 "適切な" 人が読んだら、に限る。これは半分言葉だけの問題で、&q…

Naoki ShibayamaNaoki Shibayama