PLAID Engineer Blog

PLAID Engineer Blog


KARTEを提供する株式会社プレイドのエンジニアブログです。プレイドのエンジニアのユニークなパーソナリティを知ってもらうため、エンジニアメンバーたちが各々執筆しています。

PLAID Engineer Blog

User State Driven System with Amazon EventBridge & KARTE について話してきました

みなさんごきげんよう、Engineerの @tik-son です。 2020-10-28に開催された"ビジネスにアジリティーをもたらす「SaaS + サーバーレス」"というイベントに ”User State Driven System with Amazon EventBridge & KARTE" というテーマで登壇してきました。 PLAIDは2020年1月ごろからEventBridgeのSaaS Partnerであり、KARTEのActionの一つとしてEventBridgeが選択できます。 今回のセミナーではEventBridgeを活用したUser State Driven Systemということで、3つの連携例などについてお話しました。 ユーザの状態に応…

Naohiko TakemuraNaohiko Takemura

Google Cloud Day: Digital で「KARTEのMultiCloudアーキテクチャの変遷」と「AI Platform で実現する ML Pipeline」について話してきました

こんにちは、エンジニアの @tik-son @kargo  です。 2020/06/09 - 2020/06/11 に行われた Google Cloud Day: Digital に 弊社2名で「Multi Cloud」「ML」というテーマでそれぞれ登壇してきました。 こちらのブログでもその内容を簡単にまとめておきます。 「Google Cloud Day: Digital 基調講演」カスタマー エンジニア 技術部長の佐藤 聖規さんから、Container Based MultiCloud を実現する手段として、我々がAnthos GKE on AWS を利用し始めたことを また、Developer Advocate の佐藤 一憲さんからは我々のGCP のML 活用のOv…

akira.kasugaakira.kasuga

12.5億UUを解析する大規模解析サービスの監視構成

みなさん、ごきげんよう。プレイドの@tik-sonです。 現在、PLAIDエンジニア陣でCodeZineで連載をしているのですが、 今回はKARTEを支える監視構成についての記事を書きました。 記事のリード文で紹介しているように、シビアな要件が求められる、大規模解析サービスの監視のポイントや、構成などを書いているので、是非とも御覧ください! 大規模解析サービスを支える監視サービスと監視構成のポイント…

Naohiko TakemuraNaohiko Takemura

Developers Summit 2018に登壇してきました #devsumi

みなさん、ごきげんよう。プレイドの竹村(a.k.a. tik-son)です。 2018/2/15,16に雅叙園東京で開催された Developers Summit 2018にて「マルチクラウドで構築する大規模解析サービス~戦略とポイントについて」 というテーマで登壇してきました。 発表内容 最近、「マルチクラウド」という言葉をよく聞くようになりましたが、まだ世の中には具体的な話があまり出ていないなと感じていたので、「マルチクラウドでの構築/運用でのポイント」を出来る限り実例ベースでお話しました。 6000events/secの負荷 を 0.x秒で解析する KARTEの構築/運用を通して培ったマルチクラウドでの様々なノウハウが詰まっているので是非ともご覧いただけ…

Naohiko TakemuraNaohiko Takemura

AWSとGCPのマルチクラウドインフラにおけるVPN設計のポイント

みなさん、ごきげんよう。プレイドの@tik-sonと申します。 前回のエントリーでは、 弊社のKARTEで、インフラにはAWSとGCPの2つのクラウドプラットフォームを組み合わせ、マルチクラウドインフラとして利用しているというお話をいたしました。 今回のエントリーではその中から、「AWSとGCPをVPNで接続した」内容についてフォーカスして 各クラウドプラットフォームでのVPNの仕様 KARTEではどのようなVPN設計にしているのか 等をお話したいと思います。 目次 VPNを用いる理由 AWSとGCPのSubnetの違い VPNを接続する 可用性を考える パフォーマンスを考える VPN周りの設計について 悩まされたこと 最後に VPNを用いる理由 前回のエントリ…

Naohiko TakemuraNaohiko Takemura