PLAID Engineer Blog

PLAID Engineer Blog


KARTEを提供する株式会社プレイドのエンジニアブログです。プレイドのエンジニアのユニークなパーソナリティを知ってもらうため、エンジニアメンバーたちが各々執筆しています。

PLAID Engineer Blog

Kubernetes

Google Cloud Japan Blog で Anthos clusters on AWS を活用した事例が紹介されました

エンジニアの大矢です。 本日、Google Cloud Japan Blog で「Anthos clusters on AWS を活用し、マルチクラウドでもGKE 由来の高度なマネージド環境を享受」というタイトルで弊社の事例が紹介されました。 私たちがどのような背景でマルチクラウド構成を採用するに至ったか、どのような狙いで Anthos clusters on AWS を導入したかについて書かれていますので、ぜひ読んでみてください。また、細かいアーキテクチャの変遷について気になった方はこちらの記事にある動画も合わせて見ていただけると幸いです。 この記事ではもう少し細かく、実際どう運用しているかや注意するポイントなどを書いています。 Anthos clusters…

Kosuke OyaKosuke Oya

GKE Autopilotで作るMLリアルタイム推論基盤

こんにちは!エンジニアの@tik-son, @ikemonnとMLエンジニアの@nichimuです。 本日ついに待望のGKE Autopilotがリリースされましたね! この記事では、GKE Autopilot上で動いているリアルタイム推論基盤でなぜ我々がGKE Autopilotを利用することにしたのかについてお話しします。 MLリアルタイム推論基盤とは リアルタイム推論基盤とは、機械学習のモデルを使用して、リアルタイムに推論が行える基盤のことです。 このリアルタイム推論基盤を用いることで、 エンドユーザーがsession内で電話するかを予測する エンドユーザーが会員登録を行ったsession内で資料請求をするか予測する のように数秒-数分後にエンドユーザーが…

Yuta NishimuraYuta Nishimura

悩みに悩んだ Kubernetes Secrets の管理方法、External Secrets を選んだ理由

こんにちは、今年の4月に新卒で入社し、Kernel チーム[1]でエンジニアとして働いている大矢です。 Kernel チームでは、CXプラットフォーム「KARTE」[2]のデプロイシステムの改善を行ってきました。今回の記事では、Kubernetes の Secret 管理方法について比較検討したことや、External Secrets[3] に移行する際に注意したポイントなどについてお話しします。 1. 今までの Secret 管理 GitOps[4] を実現する際には、Secret の管理方法を考える必要があります。Kubernetes の Secret リソースは base64 でエンコードされているだけなので、そのまま Git リポジトリにコミットするべきではあ…

Kosuke OyaKosuke Oya

KARTEにおけるKubeflow Pipelineの活用

こんにちは、エンジニアの @kargo @nichimu です。KARTEのDatahubというプロダクトに携わっており、KARTEのデータ及びお客様のデータを活用したプロダクトの開発を行っています。 今回は、KARTEにおいて活用しているコンテナネイティブのワークフロー基盤であるKubeflow Pipelineの組み込みについての概要をご紹介したいと思います。 Kubeflow とはここ数年でMLOpsという言葉が浸透するようになり、機械学習の実運用についての具体例がたくさん見受けられるようになりました。 Kubeflow はそのような機械学習の実運用をスムーズに行うためのオープンソースのプラットフォームです。Kubernetes上で動作することを前提とされているので…

akira.kasugaakira.kasuga

Google Cloud Anthos DayでGKEのセキュリティ対策と運用について話してきました

こんにちは、エンジニアの @komukomo です。2020/01/30 に行われた Google Cloud Anthos Day に 「GKEにおけるセキュリティ対策と運用」というタイトルで登壇させていただいので、こちらのブログでもその内容を簡単にまとめておきます。(他の登壇者の方の資料も公式サイトにて公開されています) 我々が開発している KARTE ではユーザの行動データを扱っており、その中にはセンシティブなデータも含まれているので KARTE を開発する上ではセキュリティというのは重要なトピックです。ということで今回お話したのはセキュリティに関する内容で、直接プロダクトの KARTE とは関係ないのですが、 GKE でのセキュリティに関する考え方 と、個別機…

Yoshiyuki Komazaki