PLAID Engineer Blog

PLAID Engineer Blog


KARTEを提供する株式会社プレイドのエンジニアブログです。プレイドのエンジニアのユニークなパーソナリティを知ってもらうため、エンジニアメンバーたちが各々執筆しています。

PLAID Engineer Blog

multicloud

Google Cloud Japan Blog で Anthos clusters on AWS を活用した事例が紹介されました

エンジニアの大矢です。 本日、Google Cloud Japan Blog で「Anthos clusters on AWS を活用し、マルチクラウドでもGKE 由来の高度なマネージド環境を享受」というタイトルで弊社の事例が紹介されました。 私たちがどのような背景でマルチクラウド構成を採用するに至ったか、どのような狙いで Anthos clusters on AWS を導入したかについて書かれていますので、ぜひ読んでみてください。また、細かいアーキテクチャの変遷について気になった方はこちらの記事にある動画も合わせて見ていただけると幸いです。 この記事ではもう少し細かく、実際どう運用しているかや注意するポイントなどを書いています。 Anthos clusters…

Kosuke OyaKosuke Oya

CloudNative Days Tokyo 2020のKeynoteに登壇してきました

みなさん、こんにちは。CTO の @makinoy です。 2020-09-08のCloudNative Days Tokyo 2020のに「急速な成長を加速させるアーキテクチャ〜オープンテクノロジー・マルチクラウドの活用〜」というタイトルで登壇してきました。 我々も非常にお世話になっているKubernetes完全ガイドの著者である青山真也さんにお声がけいただき、今回の登壇の機会をいただきました。 素晴らしい機会をいただきありがとうございました! 「急速な成長を加速させるアーキテクチャ」このKeynoteでは、k8sなどCloud Native オープンテクノロジーを活用して、どのようにプロダクトの急速な成長を、単に支えただけでなく加速したのかについて、これまでのアーキ…

Yuki MakinoYuki Makino

12.5億UUを解析する大規模解析サービスの監視構成

みなさん、ごきげんよう。プレイドの@tik-sonです。 現在、PLAIDエンジニア陣でCodeZineで連載をしているのですが、 今回はKARTEを支える監視構成についての記事を書きました。 記事のリード文で紹介しているように、シビアな要件が求められる、大規模解析サービスの監視のポイントや、構成などを書いているので、是非とも御覧ください! 大規模解析サービスを支える監視サービスと監視構成のポイント…

Naohiko TakemuraNaohiko Takemura

Developers Summit 2018に登壇してきました #devsumi

みなさん、ごきげんよう。プレイドの竹村(a.k.a. tik-son)です。 2018/2/15,16に雅叙園東京で開催された Developers Summit 2018にて「マルチクラウドで構築する大規模解析サービス~戦略とポイントについて」 というテーマで登壇してきました。 発表内容 最近、「マルチクラウド」という言葉をよく聞くようになりましたが、まだ世の中には具体的な話があまり出ていないなと感じていたので、「マルチクラウドでの構築/運用でのポイント」を出来る限り実例ベースでお話しました。 6000events/secの負荷 を 0.x秒で解析する KARTEの構築/運用を通して培ったマルチクラウドでの様々なノウハウが詰まっているので是非ともご覧いただけ…

Naohiko TakemuraNaohiko Takemura

AWSとGCPのマルチクラウドインフラ検証の進め方

こんにちは!プレイドの@ikemonnです。 前回はAWSとGCPをVPNで接続した話をしました。 今回はGCPでの検証を行った際の進め方について説明していきます。 インフラを作り込みすぎずに検証したことで、早めに想定外のボトルネックに気づくことができ、予定していなかったインフラ構成の変更が必要であることが確認できました。 マルチクラウドインフラを構築する際には「小さく始めて、検証できる環境を作る」ことがポイントになります。 目次 小さく始める 検証する まとめ 小さく始める 最初に検証するサーバの選定 今回は下記の3点を基準にどのサーバをまずGCPへ移行するかを選定しました。 お客様への影響が少ないサーバ GCPへ移行のメリットが大きいサーバ(パフォーマンス…

Daiki MatsuiDaiki Matsui