PLAID Engineer Blog

PLAID Engineer Blog


KARTEを提供する株式会社プレイドのエンジニアブログです。プレイドのエンジニアのユニークなパーソナリティを知ってもらうため、エンジニアメンバーたちが各々執筆しています。

PLAID Engineer Blog

plaid

入社4ヶ月で感じたプレイドエンジニアの組織文化

こんにちは!エンジニアの@g0eです。4月1日にPLAIDに入社して、約4ヶ月が経過しました。 まだまだ勉強することだらけですが、ようやくKARTEの開発環境にも慣れてきました。 本記事ではプレイドエンジニアの組織文化について、入社4ヶ月目のフレッシュな目線で書いてみようと思います。 転職活動中でプレイドに興味がある、KARTEというプロダクトの裏にあるエンジニア文化に興味ある、といった人にとってなにかの参考になれば、と思います。 入社直後にもこの記事でもプレイドという組織について少し話をさせてもらっているので、もし興味がある方はこちらも合わせて読んでみて頂けると嬉しいです。 プロダクトファースト プレイドではKARTEというマーケティングツールの開発を行ってい…

g0eg0e

新卒エンジニアから見たPLAID、そこで得られた経験と学び

こんにちは。エンジニアの@kei-tamiyaです。2018年4月に新卒で入社して8ヶ月ほど経ちましたが、エンジニアとして実際に何を学んだのか、入社する前に思っていたイメージは実際働いてみてどうだったのか、について振り返ってみたいと思います。  こちらの記事はPLAID Advent Calendar 2018 4日目の記事でもあります。 想定読者 PLAIDの「人」や「考え方」に興味を持っている方 PLAIDにはエンジニアとしてどんな成長機会があるか知りたい方 入社前に抱いていたイメージ 入社する前には累計2,3ヶ月ほどインターンをしていました。その間に、入社すると思考面と技術面に関して以下のようなことが経験できて得られそうだなと考えていました。 思考面 (A…

Kei TamiyaKei Tamiya

エンジニアがビジネスチームを加速させる為に取り組んだ4つのアプローチ

はじめまして。100kmマラソンの持ちタイムは9時間48分44秒、プレイドの @y-meguro です。 今回はエンジニアである私がビジネスチームに加わって、チームリーディングに取り組んだ話を書いてみます。 開発チームにビジネスメンバーが加わったり、エンジニア視点でビジネスを考えたりすることはあるかと思いますが、効果的なチームリーディングを行うために、エンジニアがビジネスチームに入ることはあまりないのではないでしょうか。 エンジニア的な思考を使って、どうチームリーディングすることが効果的なのか。今回は私が取り組んだいくつかの試みの中から、特に効果が高かった4つのアプローチを紹介させていただきます。 はじめに いきなりアプローチを記載しても、イメージが伝わりにくいか…

Yohei MeguroYohei Meguro

刷新したKARTEロゴのプロセス公開 ー プロダクトが目指す理想像から始めるアプローチ

はじめまして。@kenichisuzukiといいます。最近はKARTEのプロダクトマーケティングにデザイン面で関わっています。株式会社スタンダードというデザイン会社と兼務する形で、5月からデザイナーとして参画することになりました。 この記事では、先日リリースが発表されたKARTEの新しいロゴについて、刷新に至った経緯やデザインプロセス、進めていく中で学んだことについて共有できればと思っています。 KARTEとは 初めてこのブログをご覧いただいている方向けにこのプロダクトについてご紹介すると、「KARTE」は、ウェブサイトへ来訪したお客様の行動をリアルタイムに解析して一人ひとりを可視化し、個々のお客様にあわせた自由なコミュニケーションをワンストップで実現するプロダク…

Kenichi SuzukiKenichi Suzuki

最強のエディタ、ターミナル環境はこれだ!〜PLAIDエンジニアの使っている開発ツール調べてみた〜

こんにちは、PLAIDのエンジニアの池上(@jumpei_ikegami)です。 昨年の11月に、某大手SIerからPLAIDにジョインしました。 入社直後は、主にPLAIDが提供するウェブ接客プラットフォーム「KARTE」の管理画面の開発をしていましたが、最近は開発以外にも、KARTE導入済みのお客様やサポートチームへの技術支援、インターン生のメンターなどもしています。 希望すれば、職種を超えてどんな仕事でもできるのが、PLAIDで働く魅力の1つです。 さて、PLAIDに入社してから、気になっていることが1つあります。 それは、他のエンジニアたちの画面に映る、見慣れないツール群です。 私は、前職ではSEとしてかなりレガシーなシステムの開発をしており、「サクラ…

Jumpei IkegamiJumpei Ikegami