PLAID Engineer Blog

PLAID Engineer Blog


KARTEを提供する株式会社プレイドのエンジニアブログです。プレイドのエンジニアのユニークなパーソナリティを知ってもらうため、エンジニアメンバーたちが各々執筆しています。

PLAID Engineer Blog

PLAID Engineer Blog

KARTEを提供する株式会社プレイドのエンジニアブログです。プレイドのエンジニアのユニークなパーソナリティを知ってもらうため、エンジニアメンバーたちが各々執筆しています。

Self Contained Systemsの紹介

Microservicesは面白い。ほとんどすべて必要なことはそこに書かれているように思う(言い過ぎ)。https://martinfowler.com/articles/microservices.html 訳 http://kimitok.hateblo.jp/entry/2014/11/09/211820 "適切に" 分離し、"適切に" それらの間の依存さえ解決出来れば、コンポーネントを個別で管理し運用し、進化させ続けることが出来る。開発チームは自分達の関心範囲が明確になり、集中しビジネスレベルで責任を持つことさえできる。 ただし、多分 "適切な" 人が読んだら、に限る。これは半分言葉だけの問題で、&q…

Naoki ShibayamaNaoki Shibayama

フロントエンドでフロントエンドをビルドする

エンジニアの mizchi です。本記事は plaid advent calendar の 8日目になります。 フロントエンドに携わる人なら、フロントエンド開発にまつわるものは、ブラウザの中で開発が完結するはずだ、と考えたことがないでしょうか。僕は個人的にブラウザ上で開発が完結すべきであって、技術的にも不可能ではない、と思っています。これは開発環境と実行環境が同じであるべきという アラン・ケイ の Smalltalk と同じ発想です。 筆者はブラウザ上で Git/GitHub の操作ができる https://nedi.app/ というエディタを作成したり、そこから markdown のプレビューだけを高速化したり https://mdbuf.netlify.com/…

Kotaro Chikuba

KubeCon in San Diegoに参加してきました!

こんにちは、monoi & komukomo & tik-sonです。 11/18-11/21にかけてサンディエゴで開催された KubeCon + CloudNativeCon North America 2019に参加してきたので、その様子をご紹介したいと思います。 サンディエゴの景色。めちゃくちゃ過ごしやすい気候でした。 Anthos Day メインカンファレンス前日のDay Zeroには、様々な企業がイベントを開催していました。 私たちはその中でAnthos Dayに参加しました。 AnthosはGoogle Cloudが開発しているプラットフォームで、特定のクラウドに依存しないアプリケーション開発・実行環境を提供しています。 例えば…

Tatsuya MonoiTatsuya Monoi

Our seeking to stable k8s deployment.

1. Preface こんにちは、新卒エンジニア[1]の鈴木(@GentleClarinet)です。ここ一年間を含め、僕は基盤チーム[2]で、monolithic だったシステムを micro service architecture[3] を採用した新しいシステムに移行することをメインでやっていました[4]。無事、数ヶ月前に移行は終わりまして、今はシステムの安定化に取り組んでいます[5]。本稿では、僕たちが開発しているプロダクトである KARTE[6] の新しいシステムでのデプロイに関する話をしていければなと思います。 2. Introduction この一年間では、monolithic に肥大化したシステムを micro services に分割していました。もちろ…

Ryosuke SuzukiRyosuke Suzuki

深層強化学習は量子猫の夢を見るか?

PLAID Advent Calendar 2019 3日目担当の @algas です。今年は量子コンピュータを個人的に勉強しています。最近では量子スプレマシーが話題になりましたね。会社の業務では量子コンピュータを直接使っているわけではないので今のところは完全に個人の趣味です。ソフトエンジニアとして生きていれば遠くない将来に業務で量子コンピュータを使うこともあると思っています。 概要 本記事では Google の論文 “Universal Quantum Control through Deep Reinforcement Learning” の中で使われている技術とそれが必要な背景を解説したいと思います。論文自体の内容に関する考察までは本記事では扱いません。論文の概要…

Masahiro YamauchiMasahiro Yamauchi