PLAID Engineer Blog

PLAID Engineer Blog


KARTEを提供する株式会社プレイドのエンジニアブログです。プレイドのエンジニアのユニークなパーソナリティを知ってもらうため、エンジニアメンバーたちが各々執筆しています。

PLAID Engineer Blog

PLAID Engineer Blog

KARTEを提供する株式会社プレイドのエンジニアブログです。プレイドのエンジニアのユニークなパーソナリティを知ってもらうため、エンジニアメンバーたちが各々執筆しています。

刷新したKARTEロゴのプロセス公開 ー プロダクトが目指す理想像から始めるアプローチ

はじめまして。@kenichisuzukiといいます。最近はKARTEのプロダクトマーケティングにデザイン面で関わっています。株式会社スタンダードというデザイン会社と兼務する形で、5月からデザイナーとして参画することになりました。 この記事では、先日リリースが発表されたKARTEの新しいロゴについて、刷新に至った経緯やデザインプロセス、進めていく中で学んだことについて共有できればと思っています。 KARTEとは 初めてこのブログをご覧いただいている方向けにこのプロダクトについてご紹介すると、「KARTE」は、ウェブサイトへ来訪したお客様の行動をリアルタイムに解析して一人ひとりを可視化し、個々のお客様にあわせた自由なコミュニケーションをワンストップで実現するプロダクトです。…

Kenichi SuzukiKenichi Suzuki

1泊2日ゼロベースで議論する開発合宿@館山に行ってきました!

おはようございます!プレイドのエンジニアの @jumpei_ikegami です。 趣味はポッドキャスト配信です。 さて、プレイドでは定期的に、開発チームで合宿に行っています。 (過去の開発合宿のブログ記事は下記) 2016年:秋 2017年:春 今回は、開発フォーカスの区切りということで、前フォーカスの振り返り、4月以降の新チーム体制でのフォーカス、プロダクトの見せ方などについて、議論を深めてきました。 開発をしない開発合宿も珍しいと思いますが、目の前の開発業務を離れて、長期的な視野で開発の仕方や、何をするべきかを見つめ直すことで、本当にやるべき仕事にフォーカスできるようになります。 特に、先日のエンジニアブログ記事で弊社kadoppeが書いていた、「『常にゼロベースで…

Jumpei IkegamiJumpei Ikegami

「型を守る」ことから始めないソフトウェア開発 ー 常にゼロベースで考える

こんにちは、はじめまして。プレイドの @kadoppe です。 2017年4月に入社したエンジニアです。この記事を書いている時点のプレイド歴は11ヶ月です。 この記事では、自分が個人的に最近大事だと考えている『「型を守る」ことから始めないソフトウェア開発」』というトピックについて書いてみようと思います。 技術成分が少なめの内容ですが、こういうことを考えているエンジニアもいるんだよ、ということで興味がある方はご覧ください。 5行まとめ 少し長いので5行で内容をまとめます。 「守破離」というソフトウェア開発の技術・方法論を効果的に学ぶための考え方がある。 「型を守る」ことから始めるソフトウェア開発は、問題を解決する上で最適・最速ではない可能性がある。 「型を守る」「型を破る」…

Kohei KadowakiKohei Kadowaki

12.5億UUを解析する大規模解析サービスの監視構成

みなさん、ごきげんよう。プレイドの@tik-sonです。 現在、PLAIDエンジニア陣でCodeZineで連載をしているのですが、 今回はKARTEを支える監視構成についての記事を書きました。 記事のリード文で紹介しているように、シビアな要件が求められる、大規模解析サービスの監視のポイントや、構成などを書いているので、是非とも御覧ください! 大規模解析サービスを支える監視サービスと監視構成のポイント…

NaohikoTakemuraNaohikoTakemura

Developers Summit 2018に登壇してきました #devsumi

みなさん、ごきげんよう。プレイドの竹村(a.k.a. tik-son)です。 2018/2/15,16に雅叙園東京で開催された Developers Summit 2018にて「マルチクラウドで構築する大規模解析サービス~戦略とポイントについて」 というテーマで登壇してきました。 発表内容 最近、「マルチクラウド」という言葉をよく聞くようになりましたが、まだ世の中には具体的な話があまり出ていないなと感じていたので、「マルチクラウドでの構築/運用でのポイント」を出来る限り実例ベースでお話しました。 6000events/secの負荷 を 0.x秒で解析する KARTEの構築/運用を通して培ったマルチクラウドでの様々なノウハウが詰まっているので是非ともご覧いただければと思い…

NaohikoTakemuraNaohikoTakemura