PLAID Engineer Blog

PLAID Engineer Blog


KARTEを提供する株式会社プレイドのエンジニアブログです。プレイドのエンジニアのユニークなパーソナリティを知ってもらうため、エンジニアメンバーたちが各々執筆しています。

PLAID Engineer Blog

PLAID Engineer Blog

KARTEを提供する株式会社プレイドのエンジニアブログです。プレイドのエンジニアのユニークなパーソナリティを知ってもらうため、エンジニアメンバーたちが各々執筆しています。

Google Cloud Day: Digital で「KARTEのMultiCloudアーキテクチャの変遷」と「AI Platform で実現する ML Pipeline」について話してきました

こんにちは、エンジニアの @tik-son @kargo  です。 2020/06/09 - 2020/06/11 に行われた Google Cloud Day: Digital に 弊社2名で「Multi Cloud」「ML」というテーマでそれぞれ登壇してきました。 こちらのブログでもその内容を簡単にまとめておきます。 「Google Cloud Day: Digital 基調講演」カスタマー エンジニア 技術部長の佐藤 聖規さんから、Container Based MultiCloud を実現する手段として、我々がAnthos GKE on AWS を利用し始めたことを また、Developer Advocate の佐藤 一憲さんからは我々のGCP のML 活用のOv…

akira.kasugaakira.kasuga

Privacy Sandboxはなにを語るのか

こんにちは。@otolabです。 Webのプライバシー保護について大きな動きが続いています。 現在の中心的な議論は、主に広告目的で行われるクロスサイトのトラッキング防止です。SafariのITPは有名ですが、ブラウザベンダー各社がさまざまな取り組みを行っており、なかでもトップシェアを占めるChromeを開発するGoogleが発表しているのがPrivacy Sandboxです。 Privacy Sandboxを簡単に説明すると、ユーザのクロスサイトラッキングによるプライバシー問題を解消するための一連の機能・技術開発を行うプロジェクトです。プライバシー保護と同時に、Webの大きな収益元である広告システムを破壊しないという観点を持っていることが特徴です。 大きなタイムスケジュー…

Naoto KatoNaoto Kato

KARTE for App SDKのOSS化によるDeveloper Experience向上への取り組み

こんにちは、エンジニアの@tanakoです。 PLAIDでは、CX(顧客体験)プラットフォームKARTEの機能を iOS / Androidのネイティブアプリから活用できる KARTE for App のSDK(以降 SDK)をAppチームで開発しています。 さて、Appチームは去る4/7にSDKをOSS化し、ソースコードをGithub上で公開しました 🎉 iOSリポジトリAndroidリポジトリまたOSS化に伴い、SDKをv2(以降 v2)にメジャーアップデートしました。今回は、SDKをOSS化して解決したかった課題や、v2メジャーアップデートの概要、チームとしての取り組みをいくつか紹介します。(この記事は社内勉強会で@wasnotが発表した内容を基に、@tanako…

koichi tanaka

6,000スロットを使うBigQueryのリソース配分最適化への挑戦

※ 2020-04-09 追記本記事に「スロット消費は実行時のサービスアカウントに紐づく」という内容で一部実際の仕様とは異なる・誤解をまねく内容があったため、一部内容を修正・加筆しました。(修正後は「スロット消費はデータのあるプロジェクトと別にできる」という見出しになっています) こんにちは。エンジニアのg0eです。 今回は、6,000スロットを使うBigQueryのリソース配分最適化への挑戦と題して、Google BigQueryの主にスロット周りの話について書いてみたいと思います。 背景当社ではプロダクトの中でBigQueryをかなりヘビーに活用しています。どのような使い方をしているか、どのような工夫をしているか、については「プレイドのCTOが登壇しました! 〜G…

g0eg0e

GitHub Actions を使って継続的ローカライゼーションをスクラッチから構築した話

こんにちは。先月アムステルダムに行って 初 Uber で UX に感動した @kazupon です。 PLAID がプロダクトとして提供する KARTE の管理コンソールは Vue.js で作られた Web アプリケーションです。そんな Vue.js で作られた Web アプリケーションを国際化対応するために、vue-i18n という国際化するためのライブラリを入れて日本語、英語対応できるようになっています。 この記事は、国際対応されたプロダクトを継続的ローカライゼーションのワークフローの仕組みをスクラッチから作り、作り上げたそのワークフローを導入した話です。 継続的ローカライゼーションとは?本題に入る前に、今回導入する継続的ローカライゼーションという用語、初めて知る人も…

kazuponkazupon